得意なお客様苦手なお客様はあって当たり前

こんにちは、小さなサロンの困ったを解決する株式会社グラウディア小園です。

普段サロンを運営していて「この人苦手だな~」というタイプのお客様に遭遇することってありませんか?

私は以前よくありました。

そして、「苦手とか言ってられない、どんなお客様とでもうまくコミュニケーション取れるようにならなきゃ(>_<)」と思っていました。

でも、考えてみたらそんな必要ないんですよね。

その頃を振り返ると、私の発信が私の苦手な人にヒットするように書かれていました_| ̄|○

文章の書き方や表現の仕方一つで響くお客様は変わり集まるお客様のタイプも変わります。

これも「ターゲットを絞り込む」のうちの一つですが難しく考えず「どんな人に来て欲しいか」を考えてみましょう☆

例えば「お肌をきれいにしたい人」や「スタイルを良くしたい人」の内訳にも色々あって、既存のターゲット層の絞り込みだと既婚か未婚か何歳か~といった話になりますがそこではないところで絞るんです。

極端に言えば「明るく社交的な人」か「神経質で閉鎖的な人」など。

性格的なもの…「個性」と言われる部分でもターゲットを絞り込むとこちらの表現の仕方も変わってきますよね!

是非いつもとは違った視点でもターゲット層の絞り込み作業してみてください☆

本日もお付き合いいただきありがとうございました(^_^)

サロン運営上での色々なノウハウ、もっと知りたいな~という方は是非メルマガご購読くださいね。

ブログでは書けない具体的な方法もメルマガではお伝えしています!

登録してくださった方には実践で使えるワークシートや表・テンプレートなどプレゼントしています☆

全て無料ですので気軽にどうぞ~

<a href=”http://groudia.info/mail/”>メルマガ&プレゼント詳細はこちらから</a>

明日もゆるく楽しく真面目にいきましょう♪