サロンに来て欲しい理想のお客様に来店してもらう

サロンに来て欲しい理想のお客様に来店してもらう

お客様は神様

なんて言葉が昔からあるぐらいですから

お客様を選ぶなんて滅相もない!

と、思っている方も多いかもしれません。

しかし、こちらからお客様を選ぶのはとっても大事なことなのです。

サロンがお客様を選ぶ

言い換えると「どんなお客様に来て欲しいかをサロンが決めてから情報発信をする」ということでもあります。

例えば「小顔にしたい人」のための技術や知識を持っていたとします。

そこで、「小顔にしたい人、集まれ~!」と情報発信しても響きづらい。

小顔にしたい人には年齢差もあれば環境差、性別差もあります。

20代の人と30代の人とでは響く言葉が違う。

結婚してるかしてないかでも違うし働いてるか否かでも違ってきます。

*******************************

30代独身バリバリのキャリアウーマン

40代既婚専業主婦セレブ層

*******************************

あなたが提供している(または提供しようとしている)技術や知識を上の二つの条件の人に魅力を伝えようと思ったら全然違うキャッチコピーや文章になりますよね?

あなたの人柄がどんなに優れていて万人に愛されるキャラクターだとしても!

その手前で「私のためのサロンかも?」と思わせる見せ方が出来ていないとスルーされてしまう可能性大。

どんな人に来て欲しいのかを今一度整理してみてもっとお客様に喜んでいただけるサロンにしていきましょう♪

ターゲット層、理想のお客様像を整理するためのワークシートつくりました。

メルマガ登録してくれた方全員にプレゼントしています☆

購読もプレセントも全て無料となっておりますので気軽に登録してくださいね^^

メルマガ&プレゼント詳細はこちら